地元企業と語る会2019

0

    地元企業と語る会2019

     

    何年かぶりに島田商業高校に講師として行ってきました。

     

    以前は「島商生と語る会」でしたが名称がいつの間にか変わっていたようです。

     

    色々と改善されていて前よりとても楽に話すことができました。

     

    前もって生徒一人一人の質問や自己紹介の書かれたものをいただいたので当日は答えを書いた紙を持って行く事ができました。

     

    事前にネットでこちらのことも調べてくれていたようで。

     

    現場では前もって書いていった答えにプラスの質問や、そこから派生した質問などを聞く事ができました。

     

    職業観や人生観を話すのが主の会ですが、講師側の仕事への再確認や初心に帰る良いきっかけになったりもします。

     

    みんな純粋な気持ちで話を聞いてくれるのでこちらも丁寧に大げさでもなくまっすぐな答えをしなければと心がけました。

     

     

    せっかくなので載せておこう。

    -------------------------------------------------------------------------------------------------

    1305
    1.いつものお店でやること。
    2.どんな仕事が多いか。
    3.今までで、一番難しかった仕事は何か。

     

    1.当店は貴金属の修理加工を主とした店で宝飾品の小売もやっています。
    お客様が来店した時に接客をするのと商品の開発、仕入れ、管理をしています。

    2.仕事の大半は修理と加工です。
    修理はネックレスの切れてしまったものの修理、指輪のサイズ直しが多いです。

    3.何かが難しいというよりも、店で仕事を始めてから初めてやることが多くて慣れるのが大変だった。

    -------------------------------------------------------------------------------------------------

    1310
    1.この仕事に就いて良かったと感じる瞬間。
    2.この仕事の大変なこと。
    3.宝飾の良いところ

     

    1.お客様の何かしらの想いの入っている商品を修理加工するので大切にしているものを任せてもらえるという喜びを感じる。それがやりがいにつながる。

    2.お客様の大切にしているものを扱うので失敗することができない。

    3.貴金属は身につけていると馴染んでくる。宝石は天然の希少性を感じながら見ていると目の前に奇跡を感じることができる。

    -------------------------------------------------------------------------------------------------

    1315
    1.お店の商品の最高金額
    2.この仕事をやろうと思ったきっかけ。
    3.この仕事をやる上でのやりがい。

     

    1.現在は1,150,000円のプラチナ枠の翡翠の指輪です。

    2.大学を出て東京で就職をしたのですがすぐに辞めてしまってから店を継ぐことを親に「どう?」と言われやることを決めた。父や祖父の仕事を小さい頃から近くで見ていて物を作ることは楽しそうだと何となく心にあったのだと思う。

    3.お客様の大切なものを修理や加工して完成を眼の前で喜んでもらえること。

    -------------------------------------------------------------------------------------------------

    1320
    1.四代もつづくお店になった一番大きな理由はなんだと思いますか。
    2.仕事を続けられる理由
    3.やめたくなる時はあるのか、どんな時か

     

    1.この職業で食べていけるという時代の流れと元々持っていた器用さ。

    2.お客様が喜んでくれる仕事なのでやりがいがあるから。

    3.今の所ない。

    -------------------------------------------------------------------------------------------------

    1325
    1.作業している中で一番大変なこと。
    2.お店にいらっしゃるお客さんは、どのような人が多いですか?
    3.新商品はどのように作るのか

     

    1.お客様の大切にしているものを扱うので失敗することができない。
     作業という点では指先が繊細な感覚を持って仕事をするので、貴金属切断時に発する熱やずっと指先に力を入れていると指先が痛くなってしまうので作業が長く続けられない。

    2.60代から80代くらいまでの女性が一番多い。

    3.商品は問屋さんより購入することが多いが、問屋さんが持ってこないもの、自分が欲しいと感じるものを作る。
    自分の欲しいという感性を軸に形を作る。

    -------------------------------------------------------------------------------------------------

    1330
    1.どんな技術が必要か
    2.働いている人数は何人か
    3.何か資格がほしいのか

     

    1.貴金属の加工技術、修理の技術

    2.三代目と私の2人です。

    3.貴金属加工には資格はいらないがプラチナを溶かすためにガス溶接の資格は必要。

    -------------------------------------------------------------------------------------------------

    1335
    1.貴金属の加工や修理は大学などで勉強してくるのですか?
    2.なぜ店をつごうと思ったのですか?
    3.一番大変だった仕事はなんですか?

     

    1.三代目の時代は徒弟制度みたいな感じで師匠のもとに弟子入りして給料という名のお小遣い程度のお金をもらいながら勉強をして技術を学ぶものだった。
    私の時代は専門学校があってそこで決まったカリキュラムで基礎から応用までを一通り学んでくる。
    大体二年くらいで基礎は出来るようになるがそれは修理や加工ではなく、製作に関すること。
    ジュエリーを作る順序と修理をする順序は全く違う。
    作った順番の最後から壊れたのなら直すのは簡単だか、途中の工程の箇所が壊れるとそこからやり直しになる場合や違う技術で直したりする。

    2.大学を出て東京で就職をしたのですがすぐに辞めてしまってから店を継ぐことを親に「どう?」と言われやることを決めた。父や祖父の仕事を小さい頃から近くで見ていて物を作ることは楽しそうだと何となく心にあったのだと思う。

    3.何かが難しいというよりも、店で仕事を始めてから初めてやることが多くて慣れるのが大変だった。

    -------------------------------------------------------------------------------------------------

    1340
    1.仕事で大変なことは何ですか?
    2.仕事を選んだ理由
    3.やりがいを感じること

     

    1.お客様の大切にしているものを扱うので失敗することができない。

    2.大学を出て東京で就職をしたのですがすぐに辞めてしまってから店を継ぐことを親に「どう?」と言われやることを決めた。父や祖父の仕事を小さい頃から近くで見ていて物を作ることは楽しそうだと何となく心にあったのだと思う。

    3.お客様の大切なものを修理や加工して完成を眼の前で喜んでもらえること。

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------

     

    質問に対しての簡単な答えなので再度聞かれて話していくうちに質問が分からなくなってしまうこともありました。

     

    「ボルツ」調べましたよ。

     

    ブラックダイヤモンドのことだそうですが天然のものは多結晶のダイヤモンドのことらしいですね。

     

    宝石業界では使われることはなさそうですが勉強になりました。

     

    班長さんはしっかりと進行してもらって助かりました。

     

    写真部の方はいつか作品を見せに来てください。

     

    そして課題を教えてください。

     

    こちらでも撮ってみます。

     

    ちょっとだけ起業も考えていると言ったあなた、やればできると信じて進んでみてください。

     

    東海道を知らなかったあなた、結構有名な話なので知っていて損はないと思いますよ。

     

    知らないことは恥ではないです、これをきっかけに知れば何の問題もない。

     

    男子、声出していこう。

     

    控えめだとプレーにも控え目が出ちゃうよ。

     

    何か資格が必要かと書いてくれたあなた、資格に縛られないようにやりたいことに必要な資格があればとりに行こう。

     

    接客業に就きたいと書いてくれたあなた、人が好きだったら接客業は向いていると思います。

     

    音楽部の方、音楽は一生楽しめるものですから表現力をつけてください。

     

    とまあ、色々と書いてみましたが何か参考になっているところがあれば幸いです。

     

    もっと聞きたい事があればお店でもメールでもどうぞ。

     

    楽しい時間をありがとう。

     

     

    創業1892年
    宝石・貴金属の専門店
    かざりや平林

    宝石・貴金属の修理・加工・小売り・アクセサリーの修理
    オリジナルの婚約指輪・結婚指輪・ファッションリング・ハワイアンジュエリー
    貴金属の買い取り
    真珠ネックレスの糸替え
    その他

    静岡県島田市本通6丁目7862
    水曜定休

    http://www.kazariya.tv


    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM