4月の誕生石 ダイヤモンド 金剛石

0

    4月の誕生石 ダイヤモンド 金剛石

     

    ダイヤモンドといえば一番と言ってもいいほど有名な宝石です。

     

    その有名な宝石なのに以外と知られていない事実を書きたいと思います。

     

    1.熱伝導が非常に高い。

     家庭で使われる調理器具に銅やアルミなどがありますが、銅の調理器具は熱伝導の良さで使われています。

     ガスコンロにフライパンを置くとガスの炎が当たっている部分から暑くなります。

     銅は熱伝導率が高いために炎が当たっている場所だけではなくその周りもすぐに熱くなるのでムラのない調理ができます。

     金属の中で一番熱伝導率が高いのは銀です。

     銀の性質上、変色が起こって取り扱いが面倒になってしまうのと他の金属よりは高価なためにあまり使われることはないのですが熱伝導が高いことを利用すれば鍋やフライパンが作られても不思議ではないですね。

     バターナイフやアイスを食べるときのスプーンなんかを銀製にすれば体温がすぐに伝わって使いやすくなることは間違いないです。

     そしてその銀よりも熱伝導率が高いのがダイヤモンドです。

     合成されたダイヤモンドの板を手に持って氷が切れるという実験もされるほどです。

     合成の技術が進んできている今日ではダイヤモンドはいろいろなところで材料として使われる日が来るでしょう。

     

    2.割れやすい

     ダイヤモンドってすごい固かったのでは?と思った方もいらっしゃると思いますが硬いのと割れるのは別の話。

     そもそもダイヤモンドは多くが八面体のピラミッドの底をくっつけたような形で産出されます。

     宝飾店などで見られる形になるまでには割って削って磨くなどの工程があり、一番最初の割るという行程は原石に金属の刃を当てて金槌で叩くことによって一方行に割れる劈開性という性質を使って加工されます。

     傷をつけるにはダイヤモンドかそれ以上のものを用いないとビクともしないですがある場所をある程度の力がかかってしまうと簡単に割れるので衝撃には注意が必要です。

    3.燃えてなくなる
     ダイヤモンドやその他の宝石はマグマの中で高熱と高圧によって作られます。
     しかし、ダイヤモンドの元素は炭素なので広い意味では木とかの仲間です。
     何百度の話ですがダイヤモンドに炎を当てると徐々に赤くなり、薄いオレンジ色のような色になり燃え尽きてなくなってしまいます。
     
    4.親油性が高い
     読んで字のごとく油と仲が良いのです。
     産出されるときにもこの性質を使って他の石が落ちていくベルトコンベアーの上に油が塗られたものではダイヤモンドだけがくっついて残る方法が使われています。
     指輪やペンダントになっているダイヤモンドを触ると指紋がくっきりとついてしまいます。
     拭けば取れるので問題はありませんが知らない間にダイヤモンドにはべったりと皮脂が付いていることがよくあります。
    このように以外と知らなかったことと思います。
    いろいろな面を含めてダイヤモンドの魅力を知るともっともっと奥深くなっていきます。
    ありがとうございました。

    創業1892年
    宝石・貴金属の専門店
    かざりや平林

    宝石・貴金属の修理・加工・小売り・アクセサリーの修理
    オリジナルの婚約指輪・結婚指輪・ファッションリング・ハワイアンジュエリー
    貴金属の買い取り
    真珠ネックレスの糸替え
    その他

    静岡県島田市本通6丁目7862
    水曜定休

    http://www.kazariya.tv


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM